現時点ですでに令和2年6月末までの工場生産キャパが埋まりました。
※新規受注に関しては、内容などによりお断りする機会が多くなっております。予めご了承下さい。